応援幕
B-1グランプリってなんだろう?

B-1グランプリという名前や主旨を知っている人は、自分のまわりにいなかった。

そして、「三崎まぐろラーメンズ」から1日だけ参加してみませんか?とのお誘いで、そのB-1グランプに参加する事になった。

関東・甲信越B-1グランプリin甲府の会場近くのホテルで、「三崎まぐろラーメン」という文字が書かれた赤いTシャツを着て朝を迎える。

ホテルの玄関先にベテランメンバーと立っていると、違うホテルから会場へ向かう他の団体さんが、「おはようございます! 今日はお互いがんばりましょう」や「よく眠れましたか? 」など、次々に声をかけてくることに驚いた。

体育会系育ちの私は、「グランプリ=勝負」さぞかし火花がバチバチ飛び交うのであろうと、勝手に勝負をイメージしていた。

ところが、とても互いを思いやる言葉をかけあっている。

説明を受けてきた言葉を思い出す、「三崎まぐろラーメンズ」の目標の一つは、三浦市の地域の方と協力し合って、ふるさとの味を作りたい。

三浦の野菜とまぐろを使ったラーメンを三浦市民が、食卓を囲んで食べてくれる事で自分のまちに興味を持ち、市外へ出た子供たちが「まぐろラーメンを食べたい」と思い帰ってきてくれたら、嬉しい。

三浦市を元気にしたいという言葉を聞いて、「ふるさとの味と言うのは、簡単にはつくれない」という私の認識は、作ろうとしている人たちがいる事で覆された。

ご当地グルメでまちおこしの祭典B-1グランプリで言えば、「三崎まぐろラーメンズ」のように、昔からあるご当地グルメでまちを元気にしたいという団体が一つの地域に集合し、その地域の経済に貢献する事と、わが町を来場者さんにPRをする事が目的。グランプリに注目し過ぎて、本来の意味が頭から消えていた。

参加した感想は、正直な気持ちを隠さずに言えば、「とても疲れた。」だけど、説明の時に聞いた「まちおこし」という言葉に尻込みしていたけれど、これなら自分もできるかも知れない。

1日だけの参加で100%のやりきった感は無かったけれど、無我夢中で過ごした1日は少し充実感を得られていた。帰りの電車で、少しでも興味を持ったら、行動に移してみよう、行ってみないとわからない事がある。そんな事を考えた私は、いつの間にか「三崎まぐろラーメンズ」になっていた。

B-1グランプリとは※三崎まぐろラーメンズが加入している「愛Bリーグ」(ご当地グルメでまちおこし団体連絡行議会)の理念から、営利目的での活動ではなく、おもてなしの心を持ってご当地をPRする為に提供させていただくという事から、共通して使われる言葉です。 出店ではなく、出る展示の出展。 販売ではなく、提供。完売ではなく、提供終了。お客さまではなく、来場者。など、使用する言葉は自分のまちをPRするという意味があります。

肩書き(多分マネージャー)中野

動かなければ、何も始まらない。行ってみなければ、わからない事が沢山ある。

聞いてみたら、興味を持つかもしれない。

三崎まぐろラーメンズのメンバーから、「三崎まぐろラーメンズの説明をしたい」との連絡がきた。

まぐろラーメンを食べられるの!? と単純に思った。

その時、まぐろラーメンは食べられなかったが、「三崎まぐろラーメンズ」という人たちが、一体何をしている人たちなのか説明を受けた。

三崎まぐろラーメンズの発足した理由とラーメン屋さんではないという説明。
他業種と幅広い年齢で構成されている市民団体にしていきたいという目標。そして、所々に聞こえる「まちおこし」という言葉。

ご当地食材を利用し、市内外の方に三浦市三崎を中心に興味を持って来てもらいたいという思いから活動しているとの事だった。

「なるほど三浦市は熱いな!」

だけれども、聞きなれない「まちおこし」という言葉に尻込みをしてしまう。

不思議な名前の「三崎まぐろラーメンズ」を知ってから2年目、説明を聞くようになって、3ヶ月。

関東・東海B-1グランプリin甲府が開催される2週間前に「1日だけでも来てみませんか?」とメッセージを受け取った。2年前ニュースで初めて聞いた名前の「三崎まぐろラーメンズ」が、いったいどの様なことをしているのか、「1日だけなら、行って体験してみようかな」と少し興味本位で、「はい、では、2日間のうちの初日だけ参加します」と返事をかえした。

「参加します」と答えたが、B-1グランプリって、なに?

それは、これから長きに渡り説明をみっちり受ける事になるのであった。

肩書き (多分マネージャー)中野

MFC「行くぞ!三崎まぐろラーメンズ」(自称キャプテン)の辻と(多分マネージャー)の中野が担当する「三崎まぐろラーメンズ」活動日記。

(多分マネージャー)中野がお送りするのは、「三崎まぐろラーメンズ」との出会い・思った事・活動の意味をご紹介!

2010年9月、夕方のニュースを見ていたとき、「三崎まぐろラーメンズ」という名前がテレビから聞こえてきた。

その頃、三浦市の最寄駅「三浦海岸」に引っ越して6年目。隣接する三崎にはほとんど行った事がなく、三崎とは無縁だった。

その無縁だった、「三崎」という言葉に反応した。

テレビによると、「B-1グランプリ」というイベントで、「三崎まぐろラーメンズ」という人たちがラーメンを出したらしい。
 

スポーツチームを思わせるような名前に、「まぐろ」と「ラーメン」という、食べ物として考えたことがない組み合わせが入っている「三崎まぐろラーメンズ」不思議な名前だと思った。

ニュースをしっかり見ていなかったので、「三崎まぐろラーメンズ」が具体的にどの様な活動しているのか、「三崎」という言葉に反応したくせに、聞き流していた為、何でニュースに出ていたのかまったく覚えていなかった。

1年後、あの人「三崎まぐろラーメンズの人だよ」と教えてもらった時に、確かそんな名前をニュースで聞いたなと薄い記憶で、「三崎まぐろラーメンズをニュースで見ました」と軽い気持ちで声をかけた。

そして、何をしているのかも知らずに「頑張ってください」と応援した。

近い将来、自分が携わる事になることなんて思いもせず、その応援はとても軽い気持ちからかけた言葉。

 

こうして、数年前の事を文章にしてみると、「三崎まぐろラーメンズ」を知らない立場の人が「頑張ってください」と言った時の気持ちは、何をしているのかよくわからないけど、何か頑張っているらしいという事。

どうして、素人の中野さんがラーメンを販売しているの? と今もよく聞かれる事。

どこで、何をしているのか、その活動内容をまだまだ伝えきれていないんだという事を再認識した。

MFCで三崎まぐろラーメンズの事をコラムで書いてみないか?とお声がかかり、暴露するほどネタはないけれど、この機会にいろいろと「三崎まぐろラーメンズ」の活動を発信していきたいと思う。

一年に一曲作る。 三浦市が好きだって気持ち、 ダイコンやスイカなどの特産物 私達の団体三崎まぐろラーメンズを取り上げ 伝えていきたい。 しかし、かれこれ10曲以上はあるのだが 多くの人に知っていただいている実感がないのは残念賞。 披露する努力を怠っているのは事実だが 人前で歌う事って実は荒行で重荷なのだよ。

私はその昔、音楽を生業にしていた。 今はしがないシャッター屋を継いでいる シンガーソングライター 人呼んで「シンガーソングシャッター」である。

img_tsuji_zoo

よっぽどの歌唱力があればよいのだが 上手いジョークのひとつも言えずへこみ 「出る杭は打たれる」ならぬ 「出た腹はへこまぬ」では 自分に酔いしれる事なく 注目もされる事もないままに ステージは終わる。 つまり人前で歌うということは シビアに己を知るという行為なのだ。

さて、新曲の時期が来た。三崎 まぐろラーメンズが出展する まちおこしの祭典! B1グランプリ 青森十和田市大会が近づいている。 毎回数万人もの動員がある この食を通してまちおこしのB-1グランプリには 今年も全国より62ものまちおこし団体が おらが町のアピールに鎬を削るのだ。

私達親子PRチームはそこで新曲を披露する。 ただひたすらに三浦市を披露するのだ。 初めて出会った人々に 私達の町はこんなに素敵なんだよと。

実は今回隠し玉がある。 The Tsuji Zooに女性シンガーが加わる。 名前は明かせないが 「三崎小町」と巷では呼ばれているそうだ。 きっと私の重荷を背負ってくれるに違いない。
新曲「三崎小町音頭」 三崎小町と一緒に踊りませんか。

{あっそ~れ!それそれ!}

乞うご期待でございます。

tsuji_family