三浦まちARTプロジェクト、始動開始!
ずっと発表したかったのですが、様々な理由から、公表ができず、ウズウズしていました。
このプロジェクトの説明をすると…

◎What is this? 『三浦まちARTプロジェクト』って何?

「三浦まちARTプロジェクト」とは、ざっくり言うと、三浦で何か面白いこと、街が楽しくなることをやりたいと思っている人を集め、アイディアを出し合い、実際に楽しいことをやってみよう!という団体です。

なかなか発表できなかった「様々な理由」の中に、ネーミングが決まらないという問題がありました。正直、プロジェクト名はなんでも良かったのですが、アートイベントも、地域活性化プロジェクトも、地元のお祭りイベントも、なんでも対応できるものにしたいね、ということで『三浦まちARTプロジェクト』に決定です。

%e4%b8%89%e6%b5%a6%e8%a1%97%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%88%e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ad%e3%82%b7%e3%82%99%e3%82%a7%e3%82%af%e3%83%88

◎For what? なぜ、このプロジェクトを立ち上げたのか?

地域の未来を担っていく世代に、「住んでいて楽しい街、住みたくなる街づくり」を一緒に考えて、日常の暮らしの中に、魅力的な街を作っていく仕組みづくりが出来ればと考えています。また、それを次世代につなげていくことが、このプロジェクトの目的です。

仲間と共になにかを企画したり、実践したりすることにより、新たなつながりや可能性が生まれ、人生が楽くなります。さらに、今まで気づかなかった自分の魅力や能力を発見することさえあるかもしれません。そこに暮らしている自分たちが楽しんでこそ、「住んでいて楽しい街」になるのではと考えます。まさに、「人々の暮らしがあってこそ、街が活(生)きてくる」です。

◎Why? なぜ続けていきたいのか?
「住んでいて楽しい街づくり」という思いをカタチにし、継続していくことで、それが地域の新たな『文化』になるかもしれないと考えました。何事もコツコツと、です。

三崎マグロで有名な三浦市ですが、マグロ漁がピークだった頃は、とくに下町商店街などは多くの人で賑わい、映画館が4つもあったそうです。現在は高齢化も進み、商店街に関してはシャッターが下りているお店が多いのですが。それでも、地域で様々なイベントなどが行われ、観光客や新しい店も増えているという噂も耳にします。

◎How? どんな感じでやっていくのか?

「三浦は田舎だからね〜」とか、「シャッター商店街をどうにかしなければ」という声をよく聞きますが、その"どうにか"のやり方によっては、結果は全く違うものになります。

確かにシャッター商店街は深刻な問題です。三浦だけでなく、日本全国に似たような場所は数え切れないほどあります。それは時代が生み出したものだと思うのです。発想の転換をして、その状況を"魅力"に変える事はできないのでしょうか?住居を都会に近い田舎に移したり、シャッター商店街を再利用したり、古い建物が魅力的でそれらを観にツアーが組まれるほど人気だったりするのが、今の時代です。そういう場所を求めている若い人はたくさんいます。

また、人びとの暮らしが創り上げた「文化」の残る場所に、魅力を見出している人たちのアイディアはとても現実的だし面白いです。その土地に思いを持った人たちが、バランス良く協力し合えば、その相乗効果は予想を超えるものにもなり得る?と期待したいです。

自発的に「何かをしたい」と目的を持っている人たちによってその思いをカタチにし、継続していくことで、それらは地域の新たな『文化』になると思います。なぜならそこには『ストーリー』があるからです。

どんなカタチで実現していくかは、これからです。人の数だけアイディアもヒントも集まるので、可能性は無限です。その「無限の可能性」を集めるために、このプロジェクトを発足させたました。

◎What is the meaning of participate? 参加のメリットって?
参加するメリットについては、参加者の方々の感じ方や求めている内容によるので、絶対的な定義はできないかもしれませんが、少なくとも下記の内容が挙げられます。似たような志を持つ方と出会えたり、自分一人では考えつかなかったアイディアのヒントを貰えたり、プラスになることは多いです。

worldcafe001

◎About Project name 三浦まちARTという名前について

『三浦まちARTプロジェクト』と、あえて「アート」を使用したネーミングですが、この街に住む地元の人々が、普段と角度を変えて”アート的な視線”を少し加えることによって、今まで気づかなかった「地域の持つ魅力」を再発見できるのではと考えています。

ただ、ここで云うアートの定義は自由です。ここでいう「ART」とは、いわゆるファインアートだけを指すものではありません。「アート」というと、「芸術とかわからないし…」と敬遠されがちなところもありますが、アートの定義は自由です。絵画やオブジェはもちろん、ワークショップや「自然、食、職、暮らし」のような、生活芸術など自由な発想で考えもらえれば良いなと思っています。


Sachico Kuwamura


▼ 『第2回 三浦で考える!街プロジェクト企画講座』詳細・申し込み
http://misakifc.com/news/5234

三浦まちARTプロジェクト_20160922_web

sachicokuwa_002
前回(だいぶ時間が経過していますが)、「デザイン屋」の私が、なぜ『三浦半島 食彩ネットワーク』という団体の事務局をやることになったのか?というところで終わったので、その続きを。

漠然とやりたいことがありつつ、目の前のことに夢中になっていたら、「漠然」が具現化されていったという流れです。三浦を拠点にデザイン屋を始めたばかりの頃(約3年前)、三浦を知れば知るほど三浦が大好きになり、また出会う人たちも温かく、「地域に根ざした仕事がしたい!」というアツイ思いが芽生えていきました。そこで、自分たちのPRも含め、「三浦は食材の宝庫である」ということを多くの人に伝え、観光誘致につながるアプリを作ろう!と決めたのです。(詳細はコラム#001で)

数日後、三浦半島に点在する直売所を紹介する地域アプリ『おいしいを探そう!三浦のおやさい』のコンテンツ制作の為に三浦半島を駆け回りました。でも、直売所を探すのって大変。ググったところで限りがあるし。

そんな時、高梨農場直売所の高梨雅人さん(現、食彩ネットワーク会長)に、「今は活動していないけど、生産者のネットワークリストがある」と、『三浦半島農漁業体験直売ネットワーク』という組織を紹介されました。これはありがたい!!神様に助けられたような気持ち!

頂いたリストの上から順に連絡を取り、電話やメール(メアドがない所はFAX)で事前アポを入れ、「地域アプリを作っているので情報を掲載させて欲しい」と、生産者や企業さんに会いに行きました(直接お話ができたのは、約60件中20件)。

営業は得意ではないのに、振り返ってみると、すごい行動力…!今同じ事をやれと言われたら、そんな時間はないし、もしかして暇だった?(かもしれないけど。笑)でも、「大変!」という思いは一切なく、とにかく夢中だった気がします。

「夢中」って読んで字のごとく、まさに「夢の中」。予想以上にやる事満載で大変なのに、どこかでソレを楽しんでいて、人と人が繋がっていくことで、思いもよらない化学反応が起きたりして、楽しいんです!自分が動けば動くほど、何かしら得るモノがありました。

当時の詳細は、こちらのブログにて。→野菜でまちを元気にする!!「三浦のおやさいアプリ」プロジェクト進行中!

いよいよアプリがリリースされ、どんどん宣伝していこう!という時、たまたま「三崎開港祭」という三浦市三崎のイベントの実行委員に誘われたので、アプリのプロモーション活動として、『三浦のおやさい直売所』という名でリアル直売所を出店しました。

column002_chico1 

出店商品は、アプリ制作で知り合った生産者さんから、野菜や海産物の加工品を委託販売させてもらいましたが、これが想像以上に大繁盛で、全商品ほぼ完売!完全に直売所メインで大忙しとなり、アプリを宣伝する暇は1分もありませんでした。笑

その成果がよかったのか…
ここ数年、全く稼働していないという例のリスト『三浦半島農漁業体験直売ネットワーク』の役員会に呼ばれ、「事務局を担って欲しい」とお願いされました。一旦ネットワークを解散し、改めて設立しましょうという事です。

そして約1ヶ月後、『三浦半島 食彩ネットワーク』が誕生しました。とまどいながら事務局を引き受けたものの、「事務局って何をやれば良いんだろ?」というプレッシャーと共に、全てが手探りでした。とにかく責任は重大そうなので、取材やイベント出店など、依頼があれば何でもやっていた気がします。笑

当時、「多業種・多世代がタッグを組んだ団体」というのが新鮮だったようで、多くのメディアに取り上げて頂きました。

column002_chico2 

幸い、新メンバーは順調に増え続け、例のリストメンバー4名以外は、新たに加わって下さった方ばかりです。 なので、“旧ネットワークの事務局引き継ぎ”というよりは、新規設立と言った方が正しいかもしれません。また、”事務局”といっても、自分もまたメンバーの一員でもあります。

そんなこんなで、漠然と思い描いていた「地域に根ざした仕事がしたい!」という思いは、夢中になっている間に動き出していました。

2016年2月、『三浦半島 食彩ネットワーク』は設立から丸2年です。イベント出店、青山ファーマーズマーケット、マルシェ、農業体験、料理教室等、模索しながら様々な活動を行ってきました。今後も多くの方に三浦半島の“おいしい”を伝えるために、また「夢中」の日々が始まるのでした。

次回#003は「ワークスタイル」について書こうと思います。


*『おいしいを探そう!三浦のおやさい』アプリは、皆さまの応援と多くのメディアに取り上げて頂いたことにより、カテゴリ8位を記録しました!(無料アプリ)

eggplant_sachico

前回のコラムは軽く自己紹介をさせて頂き、今回は第1回目。先週から涼しくなって、日々、秋の気配を感じます。ナスが美味しい季節ですね。

マグロで有名な三浦は野菜も豊富です。三浦の外から来た私は、都会に近い場所にこんなに広大な農園があることに驚いたほど。子どもの頃、家族旅行や学校のプログラムで三浦に来たことはありますが、当時のイメージは三浦といえばマグロ、油壺マリンパーク、城ヶ島の3つでした。

そうなんです。三浦に住みはじめる約3年前まで、ここは農業がとても盛んで、通りには野菜直売所が多く点在していることを知りませんでした。更に、自分以外にもそのことを知らない人が意外に多いことを知り、気がついたら「ポテンシャルの高い三浦の魅力をもっと知ってもらいたい」と思うようになっていました。

goya_sachico

近所には農家さんが多く、採れたてのお野菜をもらったりしています。出先から帰ったら、玄関に野菜が置いてあることも珍しくありません。採れたての新鮮な旬野菜を食べられるなんて、とても幸せなことです。そして、助かっています♩ただ、名前やメッセージなどがなく、どなたが分けて下さったのかわからず、直接お礼を言えないこともしばしば。まぁ、そんなところも三浦のいいトコロなんでしょうね。

前頭にもありますが、三浦食材のポテンシャルの高さを広く伝えたい!という思いがつながって、現在『三浦半島 食彩ネットワーク』という三浦半島の食に携わる異業種が集結した団体の事務局をやらせて頂いてます。食の職人さんたちと関わるようになってから、食に関する様々なことを学ばせてもらっており、お魚も野菜も新鮮なものとそうでないものの違いがわかるようになってきました。(のような気がします..)

さて、自分が三浦の”食”をプロモーションするなら、どんな形で何ができるだろう?と考えたとき、アイディアは山のように出てきますが、資金がありません。地域活性化に繋がるビジネスオーディション的なものに自信作の企画書を応募するも、あっさり落選。笑

だけど。。自分たちの持っている技術を使うだけならお金はかからないよね。ということで、過去の作品『横浜西洋館散歩』からヒントを得て、「数多く点在する直売所を紹介する地域アプリを配信して、三浦を知ってもらおう!」とプロジェクトを始動させました。

※ そもそも「オン・ザ・ハンモックって何?誰?」という方のために、説明をしておくと…三浦を拠点に活動をしているデザイン制作会社です。(ウェブサイトや印刷物、アプリ開発などを行っています)結成地は横浜で、2012年に街ナビアプリ『横浜西洋館散歩』という地域ガイドアプリをリリースしています。

そこで出来上がったのが『おいしいを探そう!三浦のおやさい』というアプリ。実際に三浦半島に来てもらう事がテーマなので、このアプリを起動して直売所に近づいた時に「○○直売所の近くです」とプッシュ通知がされたり、ポイントが溜ったりして、「現地で使う」ことで、より一層楽しめる仕組みにしました。多くの人に三浦を知って欲しいので、モチロン無料です。

さて、ここからどうやって「アプリ開発+Web制作+デザイン屋」が『食彩ネットワーク』に関わることになったのか..?次回は『食彩ネットワーク』の事務局をやることになった経緯や、ワークスタイルなどについて書こうと思います。

ちなみに先日、いろんな種類のナスを頂いたので、ナスたっぷりカレー、ナスのお味噌汁、ナス入りゴーヤチャンプルーを作って、旬の秋茄子を美味しくイタダキました。

cosmos_chico

onTheHammockの宰知子です。オン・ザ・ハンモックと言ってもハンモック屋ではありません。三浦を拠点に活動しているIT&デザイン&旅好きな会社です。1年のうち数ヶ月は海外ノマド生活を実施する「ゆるいスタイル」と1ヶ月ほぼ休日無しに近い「タイトスタイル」な働き方が混ざり合っているのが特徴です。

三浦に住む前は、アメリカのカリフォルニアに5年ほど暮らしていました。ロサンゼルスでデザインを学んだのち、グラフィックデザイナー(Cosmos*onTheHammock)として、様々なデザインをしたり写真を撮ったりイラストを描いたりしています。
 
空を見るのが好きで10年前から写真にハマり、いつからか地球が創りだす「美 (eARTh)」を切り撮って集めています。このページでは、【Today’s eARTh】と題して、日常でみつけた「美(感動)」をシェアできたらと思います。写真やイラスト、デザイン以外にも三浦を拠点とした海外ノマドワークスタイル(旅)のことなども書こうと思います。よろしくお願いします。

todaysearth20130218


Instagram