fujisawa_header
第2回 まだいいほう

夏は暑い。
都内に比べると潮風の吹く三崎は涼しいというけれど、とにかく今年の夏もやたらと暑い。
三崎銀座商店街の地面は陽炎でゆらゆらと揺れている。
地面の温度を測ってみると70度を超えていた。

日曜日だというのに商店街は誰も歩いていない。
端から端まで歩いてみると、足の悪い猫と不吉な感じの黒猫が横切っただけで、誰ともすれ違わなかった。
夕方近くになって、店の前をアヴェック(20代)が一組歩いた。
「あら、かわいいカフェ。こんなところに」

こんなところ…。

そうなのよ。
こんなところで店をやるのは大変なのよ。
他所でやったことがないから分からないけれど、人さえいてくれたらやりようがあるというもの。

夕方までに唯の一人の客も来ないけれど、汚れてもいないテーブルを幾度拭いたことか。

  
日がどっぷりと暮れた頃、「三崎のサイモンとガーファンクル」と呼んでいる鮪屋の江川さん(60代)と三崎のドンキ「やなぎや」の吉岡さん(60代)がご来店。
禁煙の席で煙草を吸いながらコーヒーを飲んだ。

絹

ああ今日も終わりか…という閉店間際にスナック「絹」のママ(70代)と従業員の男の子(30代)がご来店。
ビールを飲みながらママが、

「やってらんないわね、町が静かで」

―「誰も歩いてないですからね」

「困ったわね不景気で。どうしようかしら」

―「うちも今日はお客さん二人で、一日の売り上げが760円なんですよ」

すると従業員の男の子が
「ママ、うちもこの間まで暇で暇で参りましたよねえ」

するとママが笑いながら
「そうよ、だって2週間、誰も来なかったんだもの」

―「に、に、2週間!」
「…そうですかあ、上には上がいるなあ」

ママは煙草をくゆらせながら、
「そうよあなたは、まだいいほう」

終わり


きょうのうた ー原マスミ「夜の幸(よるのさち」

僕は原マスミさんのことをよくは知らない。
この「夜の幸」は1988年に発表されたとウキペディアに書いてあった。
僕はミサキプレッソがハネた後に、誰もいない港で夜釣りをする。
夏場は天の川がよく見える。
月が出ていてくれると、なんだかうれしい。
街灯の明かりに水面が光る。
見たことの無いにょろにょろとした面妖な生きものが、海面を漂っている。
フナムシがごそごそと這い回っている。
心地よい潮風が吹く真夜中の港は、現在でも過去でもない場所。
何年か経って、僕が「最後に目撃された場所」。
それはきっと港の岸壁の、月あかりの下。

「あそぼうよ、眠りの庭、夢の砂場、ロータスの水辺で
あそぼうよ、いつまでも、いつまでも、ずっとあそんでいようよ
だって君が夢から覚めたその時、たちまち僕たちは消えてしまうのだから」


藤沢宏光(フジサワヒロミツ)

fujisawa
仕 事: カフェ&バール ミサキプレッソ、ミサキドーナツの運営と、かもめ児童合唱団のプロデュース
出 没 地: 三崎下町の飲み屋と三崎港周辺(夜釣り)
自慢できること: 事態を深刻化させない生き方(実際は大変深刻)
好きなこと: 釣りと鉄板(広島風お好み焼き)
ひとこと:その内、何とかなるだろう
2004年春に三崎下町に移り住む。2008年より、かもめ児童合唱団のCD作品のプロデュースを始める。2008年10月1stシングル「城ヶ島の雨/あなたが美しいのは」発売。2009年3月2ndシングル「トラベシア/三崎の歌」発売。20105月1stアルバム「焼いた魚の晩ごはん」発売。2010年3月「ミサキプレッソ」オープン。2011年3月ミサキプレッソ1周年イベント「ニューミサキパラダイス」実施。2012年12月「ミサキドーナツ三崎本店」開店。2013年3月かもめ児童合唱団「私の世界」レコチョクで1位獲得。2013年9月「ミサキドーナツさいか屋横須賀店」オープン。2013年10月「ミサキドーナツ逗子店」オープン。2014年11月「ミサキドーナツ鎌倉店」オープン。ミサキドーナツでは主に配達と閉店後の掃除を担当。音楽のプロデュースをすることもある。(大物専門)普段は釣りをしている。(大物専門)
ミサキプレッソ:http://misakipresso.com
ミサキドーナツ:http://misakidonuts.com
かもめ児童合唱団:http://www.kamome-miura.net/
http://www.youtube.com/watch?v=168rzdbo1ok