hanaoka
さようなら、三崎の名物「本格台湾料理」店

長年にわたって三崎はおろか、全国のヨットマンを初めいろいろな人たちに愛された「知る人ぞ知る」三崎の名店が閉店を迎えます。本格台湾料理・来々軒。紹興酒を口に運びながら味わう美味い料理。もう味わえなくなるのが、とても残念でなりません。今までお世話になった気持ちを込めての「レクイエム」のつもりで書いてみました。

IMG_4356三崎下町からバス通りの坂をダラダラと上り、三崎東岡のバスターミナルを過ぎてすぐ。
ひっそりと佇む中華料理屋が「来々軒」
テーブルの一番端にラーメンを置くと、そのうち反対側まで滑っていってしまう、などの冗談が出るほどの古い建物だが、その歴史は三崎の飲食店の中でも最古の部類。
昭和20年代後半に、先代が今の「三崎港」バス停辺りで「夜泣きそば」の屋台を始めたのが最初。
当時は深夜はおろか明け方までマグロ船などの船員が飲み歩き、街のはずれには「赤線」と呼ばれる娼館があったほどの歓楽街だった。
その後、現在の「市役所入口」交差点の角で常設の屋台営業を始め、40年代に現在の店舗に移転した、というのが定説。
最近、聞いた話では、それ以前から北条湾辺りで屋台を引いていたというから、まさに老舗中の老舗である。
その店が今月、11月末で閉店する。
二代目の久保田龍彦さんは言う。「保健所検査が近いんだけど、今更この古い店にカネかけでもさぁ」
また来年1月には80歳を迎える久保田さん。「こないだ中学の同窓会に行ったらさぁ、現役で働いてるのはオレだけなんだよ。そろそろ卒業させてもらってもいいかな、と思ってね」
IMG_4560店は久保田さんと奥さんの二人で切り盛りする。
そのコンビネーションは絶妙。まさに熟練のコンビ、といったところ。
料理は三崎で唯一の「本格台湾料理」
味もさることながら、値段もリーズナブル。
油壺のマリーナに係留するヨットマンたちのオアシスでもある。
人は近所にある老舗を「いつもあるもの」と感じる。
しかし店には必ず終わりがくる。
それを聞いて「もっと行っておけば」と思っても遅い。
人は「いつもあるもの」には、意外と気が回らないものだ。
子どもの頃、深夜に先代が吹く「チャルメラ」の音を怖がっていた臆病者がもう50代半ば。
マージャンに凝って、いつしか「昼の出前はお断り」
夜になれば巨人戦の中継に夢中で、客の事はそっちのけ。
コマーシャルのタイミングを見計らってはツマミを注文。
Baidu-IME_2013-7-25_12-46-14青島麦酒から始まって、台湾紹興酒の独特な味と、八角の効いた料理の香りを鼻腔の奥で味わった。
そんな独特の世界ももうすぐ終わりを迎える。
酒飲みは行き慣れた「止まり木」がなくなるのは、とても寂しい。まるで住み慣れた我が家を引っ越すかのように・・・

写真は来々軒で味わった料理の数々。
興味のある方は11月末まで。
月、火曜日は休みです。

IMG_4353IMG_4349IMG_4348IMG_4355IMG_4354IMG_4357IMG_4561IMG_4663IMG_4674IMG_4678IMG_4351IMG_4352IMG_4350



花岡静夫(ハナオカシズオ)

hanaoka
仕 事: 新聞屋
伝えたいこと"三崎の夜は深い。単に飲むだけじゃなく、酒のための肴が山ほど。そして意外にもリーズナブル。毎週末、どうしても三崎に来たくなるような情報、教えます"
出 没 地: 三崎の美味しいものが食える店
自慢できること: 初めて行った場所でも、美味い物が食えて良心的な店を見つける嗅覚。100%ハズレなし
好きなこと: 美味しいものを食べて、美味い酒を飲むこと
ひとこと:アナタを「禁断の三崎」にご招待します
Web:https://www.facebook.com/hanaoka.shizuo
この街で生まれて、この街で育って、大学そして社会人と東京に住んでみたけれど、やっぱりこの街に帰ってきてしまった。
田舎だし不便だけど、そのせいか昔からあまり進化していない「ガラパゴス諸島」のような街が、やっぱり一番落ち着いてしまう。
頭からドップリと三崎に浸かってしまってるから、逆にいいところが気が付かないのかも知れないけれど、むしろ、だから他からこの街にきた人とは違う部分の良さは語れるのかも。
とにかく楽しい街です。
一人でも多くの人に三崎ファンになってもらえるよう、頑張っていろいろと書かせていただきます