kageyama
Bread 1 小麦をつくることになったきっかけ Part2

DSC02547

しばらくして、市場の中にあるカフェでコーヒーを飲んでいると、先ほどの男性が僕を見つけ

買い物を終えたばかりの大きな袋を抱えながら隣に座りました。

「おいしいオリーブ買ってきたから一緒に食べよう」

オリーブを食べながら僕は、ここにいる経緯を話しました。

最初はDJやバーテンダーをやっていたこと、その後に働いたパン屋で6年ほど修行し、そこを辞めてこの次は何をやろうかと思いバックパックで旅してること。

男性は、僕の発した「パン屋」という言葉にピンときたのか、

「この近くで友達がパン屋をやっているんだ。紹介したいから今から行かないか?!」

と身を乗り出して誘ってくれたのです。

僕のこの後の予定は特になく、午後に乗る予約してあるTGVの時間までに戻れば大丈夫!と思い

「ぜひ!」

30分後に市場の前で待ち合わせしました。

 

すぐ近くと言っていたので10~20分位かと思っていたパン屋までの移動時間は、車でなんと片道90分…。(笑)

やっと着いたそこは、山の中腹にある峠のような場所で、フランス人の旦那さんと日本人の奥さんがやっているパン屋。

オーブンや酵母は全て自作。「セヴォン?」と言って少し舐めさせてくれた酵母は舌にピリッと刺激があって活発な感じ。

色々な話をしてそろそろ帰ろうかというとき、旦那さんがちょうど焼きあがったバゲットを手に取り

「このバゲットは、隣の農家さんが作った小麦で作ったんだよ」

その言葉を聞いた時、すごくワクワクしたことを覚えています。

そのパン屋からの帰り道、お友達らしきワイナリー、入り組んだ渓谷や絶景スポットを寄り道し、駅まで送ってもらうと予約してあったTGVはもう既にいるはずもなく…。

次のTGVを待つ間、旦那さんの言葉を頭の中で反芻していました。

隣の農家さんが作った小麦。

農家、パン屋、消費者。みんななんて近いんだろう。

僕も小麦を作ってみたい。そして、その小麦でパンを作って食べてもらいたい。

嫁の実家は専業農家、日本に帰ったらお義父さんに小麦を作りたいと話してみよう。

そんなことを考えながら帰路につきます。

2005年の秋のことです。


蔭山充洋(カゲヤマミツヒロ)

kageyama
仕 事: 三浦パン屋 充麦店主
伝えたいこと パンと音楽の繋がり
出 没 地: 横須賀ドブ板、三浦三崎
自慢できること: パンがつくれる
好きなこと: 楽曲のプロデューサーを調べる事
ひとこと:神奈川県三浦市で自分たちで種を蒔き、育て、収穫、製粉してパンを作っています。種を蒔いてからの不安感、穂が出てから黄金色になり収穫するまでの期待感、いろいろな想いが一粒一粒につまっています。この三浦で採れた小麦を軸とした『食の体験』を僕たちは伝えていけたらと思っています。
1975年生まれ、横須賀出身。2008年に三浦市初声町で、自分たちで小麦を育て、収穫し、パンをつくるパン屋「三浦パン屋 充麦」を開店。と、同時に三浦市に移り住む。バーテンダー、DJなどを経てパン屋になったきっかけ、小麦の種まきから収穫までの作業のこと、音楽とパンの繋がりなどを書いていけたら。
三浦パン屋 充麦:http://mitsumugi.web.fc2.com
Facebook Page:https://www.facebook.com/mitsuhiro.kageyama
twitter:https://twitter.com/imitsu