maguroramens
その名は「三崎まぐろラーメンズ」

MFC「行くぞ!三崎まぐろラーメンズ」(自称キャプテン)の辻と(多分マネージャー)の中野が担当する「三崎まぐろラーメンズ」活動日記。

(多分マネージャー)中野がお送りするのは、「三崎まぐろラーメンズ」との出会い・思った事・活動の意味をご紹介!

2010年9月、夕方のニュースを見ていたとき、「三崎まぐろラーメンズ」という名前がテレビから聞こえてきた。

その頃、三浦市の最寄駅「三浦海岸」に引っ越して6年目。隣接する三崎にはほとんど行った事がなく、三崎とは無縁だった。

その無縁だった、「三崎」という言葉に反応した。

テレビによると、「B-1グランプリ」というイベントで、「三崎まぐろラーメンズ」という人たちがラーメンを出したらしい。
 

スポーツチームを思わせるような名前に、「まぐろ」と「ラーメン」という、食べ物として考えたことがない組み合わせが入っている「三崎まぐろラーメンズ」不思議な名前だと思った。

ニュースをしっかり見ていなかったので、「三崎まぐろラーメンズ」が具体的にどの様な活動しているのか、「三崎」という言葉に反応したくせに、聞き流していた為、何でニュースに出ていたのかまったく覚えていなかった。

1年後、あの人「三崎まぐろラーメンズの人だよ」と教えてもらった時に、確かそんな名前をニュースで聞いたなと薄い記憶で、「三崎まぐろラーメンズをニュースで見ました」と軽い気持ちで声をかけた。

そして、何をしているのかも知らずに「頑張ってください」と応援した。

近い将来、自分が携わる事になることなんて思いもせず、その応援はとても軽い気持ちからかけた言葉。

 

こうして、数年前の事を文章にしてみると、「三崎まぐろラーメンズ」を知らない立場の人が「頑張ってください」と言った時の気持ちは、何をしているのかよくわからないけど、何か頑張っているらしいという事。

どうして、素人の中野さんがラーメンを販売しているの? と今もよく聞かれる事。

どこで、何をしているのか、その活動内容をまだまだ伝えきれていないんだという事を再認識した。

MFCで三崎まぐろラーメンズの事をコラムで書いてみないか?とお声がかかり、暴露するほどネタはないけれど、この機会にいろいろと「三崎まぐろラーメンズ」の活動を発信していきたいと思う。


三崎まぐろラーメンズ

三浦の町はまぐろ文化と共に歩み、その一つとして「三崎まぐろラーメン」が生まれました。 三崎まぐろラーメンをふるさとの味の一つとして定着させ、ふるさとの味を通して、三浦市に住む人たちが町に誇りを持ち、「この町に住んで良かった」と愛着を持てる楽しく幸せな町づくりに貢献する。それが三崎まぐろラーメンズの目標です。

中野紀子(ナカノノリコ)

nakano
伝えたいこと 三崎まぐろラーメンズの中野がラーメンズに関わって、自分が住む町の見方がどの様に変わっていたのか、変わっていくのかをお伝えしたいです。
出 没 地: 三崎の商店街・小網代・三浦海岸
自慢できること: 興味を持ったものは、やってみる。
好きなこと: 海を見ながら、グレープフルーツの匂いをかぐ事
ひとこと:まさか、私がコラム書くなんて!
Web:http://mmramens.main.jp/
何も取り柄がない私・・・だいぶネガティブ思考。だけど、三崎まぐろラーメンズに参加して、そして三浦市、特に三崎の陽気な人達との出会いで、新たな自分を発見し、毎日楽しくて仕方がないです。

辻克仁(ツジカツヒト)

nakano
仕事 自営業 (有)辻シャッター工業
伝えたいこと私と妻、4人の子持の6人家族。家族目線でみた三浦での楽しい事をお伝えできればと思っています。
出 没 地:三浦海岸
自慢できること: 童謡をたくさん歌えます。
好きなこと:子供たちと遊ぶこと
ひとこと:三浦市の私設応援団体「三崎まぐろラーメンズ」PR担当の家族バンド「The Tsuji Zoo]やってます。非公認?三浦市PRオリジナルソングを多数所有も高1、中2の娘たちに小6と[どーん]と離れて1歳の息子たちで毎日がどんちゃか騒ぎ。三浦歴14年。特にマリーンレジャーやるわけでもないんですけど、いまだに帰宅電車から見えてくる海には心が躍ります。
Web:http://mmramens.main.jp/