sangawahajime
僕が三浦半島に住んだワケ(後編)

不動産屋からもらった地図を頼りに着いたところは、思っていた以上に鄙びた漁港でした。
平日、昼過ぎということもあって停まっているクルマも少なく、空にはトンビが鳴いています。
正面に目をやると、威風堂々と海に突き出した桟橋が。
おもわず『おおっ』と声があがりました。その桟橋の先には見事な富士山がそびえているのです。
逗子の近くにこんな場所があるなんて知らなかった、そう二人で話し合いました。

ひと通り昨夜のイメージや昔の記憶と照らし合わせて満足した僕たちは、帰ろうかという段になって「はて、その物件ってどれなんだろうね?」と気になりはじめました。
駐車場から適当に付近を歩いてみましたが、『売家』などの看板はどこにも見当たらずあきらめかけていたそのときでした。
海に下る細道をたくさんの犬を引き連れてこちらに近づいてくる人が目にとまりました。
それは視線が釘付けになるほどのインパクトで…。
長髪で上半身は裸(たしか10月後半頃)、日焼けした肌にびっしり入ったタトゥー、犬はいったい何頭いるのか数えられないほど、それは鵜飼いのごとく、両手に無数の手綱を携えている。
間もなく横を通り過ぎるはずだったのですが、何故か僕の前で立ち止まったかと思うと、「こんにちわ!」と。
都心に暮らす僕らは人とすれ違うときに挨拶をする習慣もなく、誰かと人違いしているのだと思い返信に戸惑っていたら、もう一度「こんにちわ! 今日はなんすか?」と。
『なんすか?』っていうのは目的を訊いているのか、なんと答えたらこの状況から逃げ出せるのか(笑)を考えて「あっ、今日は家の物件を見にきたんです」と僕。
彼はなんの屈託もなく続けます。
「へー、家ですか。この辺りは住むには天国ですよ…じゃっ!」と言い放ち、坂道を犬に引かれるように下って海に歩いていきました。
ホッとしたとともに天国、という普段あまりきかない言葉が妙に心に残りました。

さて、結局家も見つからないまま帰宅時間も気になり、駐車場へと向いました。
自分たちのクルマの脇にはスーツを着た男性が立っていて、僕らを見かけるなり満面の笑顔で声をかけてきました。
「今朝、ご連絡いただいた方ですよね? 中野にお住まいの…」
ここでようやく、FAXを送ってもらう際に区を訊かれたこと、そして駐車場に停まる『練馬』ナンバーはこのクルマだけ、ということに気がつきました。
「いや、家を買うつもりはなくて…」と苦笑しながら切り抜けようとしましたが…。
「すぐ近くです。少しだけでも見ていかれませんか?」
彼の営業熱心さにほだされた気持半分、好奇心半分で彼の後に続くことにしました。
「売り主さんがまだ住んでおられるので、中を見ることはできないのですが…」
そう説明された場所はさきほどの犬の人と遭った場所。
なんだ、ここだったんだ。まぁ平凡な家だな、というのが印象でした。
「少しのお時間でいいんで、物件を説明させてもらえませんか? どこか近くのファミレスででも」
「いや、子どもたちが学校から帰ってくるんですよ」と妻。
なんかこのままだと彼は帰って上司に怒られるんじゃないか、まだ30分くらいなら大丈夫だ、などと考えた僕は「本当に少しだけですよ。それくらいいいじゃない、ね?」と彼の申し出を受け容れたのです。

そこから最寄りのファミリーレストラン(森戸のデニーズ)の席に着いたが早々に、彼は写真と間取り図を取り出し、説明をはじめました。
「家もさることながら、国道から海側の物件ロケーションは滅多に出ないんです。探してる人は大勢います。今日現地を見られたお客様は本当にラッキーですよ…」
ふーん、そうなんだ。
彼の熱心な説明より、僕の頭の中に浮かんでいたのはあの坂道で出逢った犬連れ男の「天国ですよ」という台詞でした。
天国って、そうそう言わないよなぁ。あの人、毎日天国で暮らしているのかぁ。
営業マンはついに価格を切り出してきました。まるで自信に溢れた切り札を出すように。
へー、思ってたより安いなぁ。
それには少し売り主の事情があって、売り急いでいるからとのこと。「これはネットに出すと、瞬殺でなくなる物件ですよ」とも付け加えた。
それに対して、僕が発した言葉は彼と妻を硬直させました。

「わかりました、この家を買います」

葛藤や躊躇した記憶はほとんどない。同時に彼も妻も『えっ?』という顔。
妻には「いいんじゃないかな」と加えてから、「とりあえず、今日は時間もないから帰って銀行に相談してみます。仮契約ということでいいですか?」。
営業マンはすかさず、書類を出してここに捺印をと言われたのだけど、もちろんハンコは持ち合わせてないのでサインをしました。

IMG_5656

そこからの帰り道、車中のなかで妻が言います。
「あれ、買ったことになるんだよね?」
「そう、だね」
「うち、お金ないよ」
「まぁ銀行に相談してみようよ。ダメならダメで」
「この前まで家は買うもんじゃない、って言ってたよね? なんで買おうとおもったの?」
その質問については僕も考えてました。
それほど衝動買い癖がある訳でもなく、いやむしろ慎重な方だと思っています。
ましてや、妻の言う通りで旅が大好きな僕や妻はどこかに根を下ろすということはしばらくはない、と思っていたのです。
都会に暮らし、小学生の子どもも二人、家を買う為の貯金なんて考えてもいませんでした。
『ではなんで?』
まるで自分の口が言ったこととは思えないような大胆な発言。なにも比較検討もしていない男前過ぎる決断(笑)。
もし、理由があるとすれば…あの犬連れの男の言葉、としか言いようがないのです。
彼がいった『天国』。
営業マンがもし同じ台詞を言ったとしても、たぶん心は動かされなかったでしょう。なんの縁もゆかりもない、ただの通りすがりの男が『ここは天国だ』と言う言葉を信じないで何を信じろ、というのでしょう(笑)。
彼はきっと神様が姿を替えて僕の目の前に現れたのだ、とホンキで考えました。
そのことを妻に話すと『バカじゃないの?』と半ば飽きれた口調でいわれましたが、この大きなハプニングに対してまんざらでもない、という感じでした。

さて、そこからは銀行との戦いが始まるのですが(笑)、それはまた別の機会に。
すったもんだの末、僕ら家族は翌年の春から中野〜三浦を毎週通いはじめるようになるのです。
完全に引っ越したのはその翌年です。
僕の”三浦サボりライフ”はすべてここから始まったのです。

あの神様とはその後知り合い、ある日そのときのことを彼に話してみました。
「オレ、そんなこと言いました?憶えてないなぁ..」
僕はやっぱり神様が乗り移っていたんだ、と確信したのです(笑)。

おわり


寒川一(サンガワハジメ)

sangawa
仕 事:(株)ステップキャンプ代表
伝えたいことトンビの目とチコガニの目で、私たちの暮らす三浦半島を伝えられたら
出 没 地: 油壷 胴網海岸
自慢できること: こんなふうに今日まで生き抜いてきたこと
好きなこと: ロマンチックとワクワク
ひとこと:時間は有限です。やれることをやりましょう。
Web:www.stepcamp.jp
1963年 香川県生まれ。玩具メーカー勤務を経て、独立。2005年中野区から三浦半島 秋谷に移住。アウトドアショップ、3knot(サンノット)を開業。 焚火カフェ、サンダルアドベンチャー、満月山歩など。独自のサボりサービスを展開。FM横浜アウトドアレポーター。2012年三崎に昼寝施設、ミサキシエスタサヴォリクラブ(昼寝城)を開城。ミサキファンフェスティバル、ミサキファンクラブ、三崎開港祭、などの開催や立ち上げに関わる。同時にアウトドアスキルを災害時などに役立てるSTEP CAMPを旗揚げ、2015年に株式会社化。現在は油壷 胴網海岸のSTEP CAMP BASEを拠点に活動中。著書『あたらしいキャンプの教科書』(池田書店)。