yasuhara
「きっと今も旅の途中」  八木亮太郎

絵を描く男  八木亮太郎
http://yagi85.blog.fc2.com/

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
 

この男をご存知の方は多いだろう…。

「絵を描く男」だ!

きっと「ユニーク」「独創的」「奇抜」と言われるんだろうな…。

でも本人はいたって、“普通”のことばかり…。

それもこれも、見れば、会えば、納得~の男だ。

顔をくちゃくちゃにして笑うその姿は、静の優しさそのもので、

うちに秘めた動の激しさはみじんも感じられない。

だから誰にも好かれ、心配され、皆ほっとかない。

若い時からいろんなところを旅したり、いろんな仕事に就いたり、

日本を、世界を周ってきたらしい。

 

今、この地三浦三崎で、嫁と息子と3人、つつましく、強く、優しく生活している。

でもきっと、今も「旅の途中」なんだろうな…
シェアアトリエスペースである“Misaki.Factory”の卒業生の一人。

Misaki.Factoryの立ち上げのスターティングメンバーの一人だった。

今年3月に1年間のMisaki.Factory住人を経て、

自分のアトリエを構えた。

2
34OLYMPUS DIGITAL CAMERA  

 

屋号は変わらず 「グランマ国際大学臨海実験所」。

なに? なに?っていう屋号だ。

グランマはキューバ革命時、フィデル・カストロがチェ・ゲバラら仲間と共に

キューバへ再上陸するのに使った船の名前だ。

国際?臨海実験所?

もうこんな感じだから、だからほっとけないのだ!

 

八木ちゃんは、絵を描きたいのだ!

とにかく、絵が描きたい!

そして、まだそれだけでは「喰えない」。

それも仕方ない!

でも最強の「味方」が一番近くにいてくれている。

嫁さんだ!

一番の理解者で、そして一番厳しい!

絵を描くことに専念してほしいから、だから「厳しい」。

 

これは商店街の通りの一角にある、錆びて朽ちていた看板スペースに、

「描きたい絵を描いていいから」と依頼され 悩んで悩んで描いた絵。

5

 

 

そしてこれは、お店のシャッターに「面白い絵」を描いて~と依頼を受け、

心を込めて描いた絵。

6

 

つつましく、たくましく「生きている」この若者! そして、その嫁さん!

なぜか、応援したくなる…。

いつか、その「嫁さん」の話もするとしよう。。。

(参考画像を添付)

8


安原芳宣(ヤスハラヨシノリ)

yasuhara
仕 事:自営業。古道具ROJI・Misaki.Factory
三浦在住歴:丸8年
伝えたいこと"三浦で活動し頑張っている若い「作り手」さん達の紹介"
出 没 地:三崎下町界隈
自慢できること: 特になし
好きなこと:美味しいものを食べ歩くこと。
嫌いなこと:やるべきことを先延ばししたり、言い訳すること。
ひとこと:古いものを大切にする心と三崎の良さを融合させながら地元と共に歩き進んでいけたらと思います。
Roji Facebookページ:https://www.facebook.com/hurudougunoroji
MISAKI FACTORY Facebookページ:https://www.facebook.com/MISAKInoFACTORY
2012年3月「三崎下町がらくた骨董市の会」を発足。毎月第一日曜日にMISAKI MARKETを開催。骨董、アンティークに限らずハンドメイドの自慢の品々やめずらしくて洒落た、とっておきの品などが並ぶ。そして2013年2月に三崎下町に古道具ROJIを開店。続いて、三崎下町商店街の、シャッターが目立つようになったその通り、なんとかして一つでもそのシャッターを「開けたい!」という想いから2014年3月にMisaki.Factoryを開店。ものづくり を中心に様々なジャンルの“職人”の卵たちが集い発信する場所=工房(製作活動、発信、販売)。現在、6者でシェア。第2、第3のMisaki.Factory出店を計画中!
のどかな優しい土地に移り住んで早8年。人には言える様な、言えない様な色々を経て、とうてい自慢出来そうにない人生を送ってきた二人。その中年夫婦がこの三崎に流れ着き、大好きな古い雑貨や家具、道具類に囲まれ毎日を楽しみながら生きている。そして素敵な仲間たちと出会いました。どうぞよろしくお願いいたします。