地域のアートマネジメント力をアップしよう!SaMAL人材育成講座開催

13422303_1178440512208474_1117186609978243493_o

相模湾・三浦半島エリアにおいて活動する地域発住民主体のアートプロジェクトやアート関連団体で構成されるSaMAL(相模湾・三浦半島アートリンク)が、昨年に引き続き、地域のアートマネジメント力アップを目的とする人材育成講座を開催します。
この講座は、アートプロジェクトの担い手や今後こうしたプロジェクトを始めてみたいと考えている方々のためのオープンな講座であり、参加費は無料です。
第一線で活躍されている講師による貴重な講義を聴講するとともに、質応答疑や意見交換、また参加者同士の交流を通して、皆さんが抱えている問題の解決の糸口を見つけていただく絶好のチャンスです。

第1回は 6月24日(金)であり、テーマは「地域とアート」です。地域のアートプロジェクトの価値と継続を考えます。講師は共立女子大学准教授・NPO法人地域文化に関する情報とプロジェクト理事である吉澤弥生さん。KGU関内メディアセンターで開催されます。

この人材育成講座は6月、7月、9月、10月、11月、来年1月と計6回開催されます。どの講座も地域発のアートプロジェクトを考える上で興味深いものばかりとなっています。アートプロジェクトに興味のある方はぜひご参加ください。

SaMAL人材育成講座
第1回「地域とアート その価値の作り方と残し方を考える」
講師:吉澤弥生(共立女子大学准教授/NPO法人地域文化に関する情報とプロジェクト理事)
日程:6月24日(金)18:30〜20:30
場所:KGU関内メディアセンター(〒231-0011 神奈川県横浜市中区太田町2-23横浜メディア・ビジネスセンタービル8F)
参加費:無料
参加方法:当日開催時間までに会場にお越しください。
講座概要:地域固有のアートプロジェクトの価値を見いだし、伝え、残していく方法について、これまで吉澤氏が社会学の手法を用いて大阪などで現場に入って関わったアートプロジェクトの経験や、京都・舞鶴の「種は船」や新潟・十日町の莇平集落でのプロジェクトの調査をもとに具体的にお話しいただき、地域とアートの関わりが生み出す「価値」について一緒に考えていきます。
問い合わせ:関東学院大学 人間共生学部 共生デザイン学科内 平成28 年度 文化庁 大学を活用した文化芸術推進事業 相模湾・三浦半島アートリンクプロジェクト推進事務局

13433215_1178440515541807_7281987039257580258_o