みうら手しごとArt Craft 巡り

header

creatortour3三浦市は神奈川県のなかでも自然豊かな町です。この環境の良さに惹かれて工房を構える陶芸家や画家の方がいます。9/26、こうしたクリエイターの方たちがどのように仕事しているのか、なぜ三浦をする場所に選んだのかを紹介するツアー「クリエイター工房を巡る旅 三浦」が開催されました。
このツアーのガイドをしたのは「みさき青空クラフト~手作り作品市」などを企画されている山中玲子さんです。山中さんに「クリエイター工房を巡る旅 三浦」をレポートしていただきました。各工房の紹介は小冊子「みうらの手仕事めぐりVol.1」をご覧ください。
小冊子「みうらの手仕事めぐりVol.1」(PDF)

9月26日、三浦市に移住し、活動している「クリエイター」の工房6か所を巡りました。工房をじっくりと見学でき、それぞれがクリエイターに質問できるのに、ちょうどいい数ということで、20人限定の貴重なツアーでした。

陶工房たまどろ
creatortour5
最初に訪れたのは、陶芸家・高津潤一郎さんの「陶工房たまどろ」。作品を手に取って制作過程を作家自身から聞けるという、このツアーならではの貴重な体験が始まりました。参加者の興味は、作品だけでなく、「なぜ、ここに工房を構えたのか?」「陶芸家として生計を成り立たせるためには?」、クリエイターとして生活していく上での質問にもおよびました。
陶工房たまどろ http://tamadolo.jimdo.com/

潮工房
creatortour2
「潮工房」では、小西潮さんと江波冨士子さんがそれぞれ異なる手法でベネチアングラスの作品を作っています。玄関から小さなギャラリー、そして参加者が入るとぎっしり身動きができないほどの工房が続きます。この部屋の作りは、二人が制作するために、無駄なく計算された空間でした。ガラスを伸ばすときには、玄関付近まで使えば充分な長さをとれるし、コンパクトな分だけ使やすそうでした。
ふだん見ることができないベネチアングラスの工房とあって、滞在時間が伸びてしまったほど、多くの質問が飛び、細部まで写真をとる人も多くいました。
潮工房 http://www.ushio-studio.com/

小網代陶房
creatortour4
午後は、井上惠介さんと井上佳由理さんご夫妻の「小網代陶房」を訪れました。この工房は、自宅が隣り合い、自宅の中にギャラリーがあるという造り。この生活とものづくりとのつながりは、まわりの自然からインスピレーションをえるお二人の手法や、器に盛りつける野菜まで作りたいという恵介さんの考え方の現れなのかもしれません。器を手に取りながら説明する恵介さんの世界に、器を活かした生活が見えたようでした。
小網代陶房 http://koajiro.jp/

スタジオK2
creator8tour1
「スタジオK2」は、倉重光則さんと勝又豊子さんのしごと場。参加者たちは、入ったとき、「わ~!」と感嘆の声をあげました。古い倉庫とそこに積み重ねられた素材や作品、それ自体がアートのように感じられたからではないでしょうか。入口のある2階から1階へ迷路のような空間を下りていくと、そこには倉重さんの作品が置かれていました。発光するネオン管とレーザー。倉重さんが語った光と闇の世界を、いま体感している参加者たち。レーザーを足で遮ったり、いろいろな角度から撮影したり、興奮は高まるばかりでした。
倉重光則 http://kurashige.main.jp/
勝又豊子 http://katsumata.main.jp/top.html

グランマ国際大学臨海実験所
creatortour6
八木亮太郎さんは、2階の一部屋をほとんど占領する油絵の大作を描いていました。このアトリエ「グランマ国際大学臨海実験所」は、古い商店を利用しています。ここは海が見える心地よい場所というだけでなく、下町商店街の入り口にあるため、作品販売もするクリエーターの参加者にとっも魅力的だったようです。「自分だったら、こう使うかも…」と、具体的な夢を口にする参加者もいました。
グランマ国際大学臨海実験所 http://yagi.kt.fc2.com/

Misaki.Factroy
creatortour1
「Misaki.Factroy」は、下町商店街にArt Craftという新たな風を吹き込んだ発信地としての大きな役割を担っているギャラリー・モールです。運営している安原さんから、その熱い想いをうかがってから、店舗をシェアしている5つのショップを見学しました。ショップオーナーでもあるクリエイターに自由に聞けとあって、「アロマセラピkokua」石渡ゆかりさん、「ハンドメイドと雑貨 Ohana」藤臣美弥子さん、雑貨の「Gather.varies」木村初美さんは、参加者の質問に答えるのに大忙し、和やかな雰囲気ながら真剣な会話が飛び交っていました。
Misaki.Factroy https://www.facebook.com/MISAKInoFACTORY/
アロマセラピkokua https://www.facebook.com/yukari.ishiwata.3
ハンドメイドと雑貨 Ohana https://www.facebook.com/wanco.ohana
Gather.varies https://www.facebook.com/gather.varies

<昼食>
Art Craft 巡りにふさわしい昼食ということで、「ふるさとのみつ葉会」の方々が三浦産の魚介と野菜で、食事・ジュース・デザートまで、優しく心温まる昼食を用意してくれました。
creatortour7

ツアー後、工房に招いた方も参加者も、とても楽しんでいただいたようで、「また、やってほしい」「このままのつながりを無くしなくない」とみなさんからの声をいただき、三浦を中心に活動するクリエイターの交流会を開催することとなりました。
詳しくは、下記の「三浦ファン交流プロジェクト」をごらんください。
三浦ファン交流プロジェクト https://www.facebook.com/miurafun

テキスト:山中玲子