yagi
海南神社

img002

 

梅雨があけるか、あけないか、そんな七月の中頃、三崎の祭りはある。

ずっとおさえていた血管をいっきに体中に放したかのように、

町中の通りを

獅子が、神輿が、そして熱い血が廻る。

 

それはみんなここからでて、ここにかえる。

二日目の夜、祭りは絶頂をむかえる。

境内にあふれんばかりの熱狂と歓喜と名残惜しさがいりまじっていた。

 

 

ふだんふらっと行く日は、神社らしくひっそりとしているのだが、

いく度その祭りの絶頂の光景がよみがえり、

その光景の中に自分をみつけ、ちょっとばかし得意げな気持ちになるのです。

 

 

 

 



八木亮太郎(ヤギリョウタロウ)

yogi
仕 事: 絵描き
伝えたいこと 三崎のなにげない、風景、もの、を絵に描いて、伝えたいです。
出 没 地: グランマ国際大学臨海実験所、胴網海岸
自慢できること: とくに無いです!
好きなこと: 絵を描くこと
ひとこと:三崎を絵を描いて歩くことで僕も新しい発見があると思います。その三崎の風景を皆さんにも魅力的に思ってもらえれば最高です!
Web:http://yagi85.blog.fc2.com
1985年生まれ 18歳の頃より渋谷の駅前で絵を描きはじめる。
その後さまざまなイベントでのライブペイントや、国内外をふらふらしながら油絵、壁面などの制作活動をする。
2012年から、神奈川県の三崎にうつり住み、2014年にアトリエと展示スペース、「グランマ国際大学臨海実験所」をオープンさせる。
抽象、具象かかわらず、もののもつ「かたち」の力強さを描くのが現在のテーマ。